刺激が欲しい!じゃあ海外行ってみよ!

平凡な大学生生活に飽き飽き。でも経済的に留学はできない。そんな私の海外リフレッシュ旅日記!!

私の人生を変えた国、ブルネイダルサラーム国!


さて!

では今回は私が大好きな国✨を紹介したいと思います!!

それがこれ!!!

ドドン!!

 

f:id:gakuseitrip:20190710131444j:plain

ブルネイにある "Asr Hassanil Bolkiahモスク"

はぁ~、、、きれいですよね~??きれいな金色の屋根とさわやかなブルー、、、

何回見ても感動しちゃう、、、また行きたいわぁ、、、

 

ストップストップ!自分の世界に入り込むのはやめておきましょう(笑)

早くみなさんに私の愛しの国をご紹介しなくてはっ!

 

私は今まで計12か国に行きました。

その目的は様々。

ホームステイだったり、姉妹都市交流だったり、高校の修学旅行だったり、大学の短期留学だったり、ただの旅行だったり。

(援助金が出るようなプログラムが多くてお得に行かせてもらいました~。(*´▽`*)

ありがたやありがたや。)

よく、「今まで行った国でどの国が一番好き?」って聞かれることが多いんですが

即答です。「ブルネイ!!!!!」

 

みなさんご存知ですか?どこにあるか、どんな国か答えられますか?

 

もし、「あぁ、私も行ったことあるよ~😊」なんて方がいたら、

「ほんとぉぉぉぉぉっ!!?(((o(*゚▽゚*)o)))

即友達になりたい!なりましょう!語りましょう!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ」

ってくらいの国です。(要するにあまり知られていません。)

どこにあるかというと、

ココ。↓

f:id:gakuseitrip:20190710141501j:plain

www.freemap.jpより。

黄色い丸の真ん中らへん。とても小さい国です。

2018年まではマレーシア・シンガポールなどで飛行機を乗り換えないといけなかったのですが、

2019年からは直行便(ロイヤルブルネイ航空)が出るようになりました!👏👏

そのニュースを見たときにどんなにうれしかったことか。

感動すら感じてしまいました、、、、

今まで6時間かけてクアラルンプールに行き、早朝からお昼まで8時間待ち、そこからさらに2時間、、、とてつもなく長い道のりでした。

 

ブルネイは一言で説明すると、

「イスラム教が国教の、

石油で潤っていて、

人が穏やかで優しい国」です。

最近(2019年3月頃)には

「国法シャリーア(イスラム教の法律)の刑罰が厳しすぎる!」と一部で話題になりましたね。

まぁ、欠点ばかり見ていては何も始まらないので私目線の良い部分をみなさんに知っていただきたいと思います(^▽^)/

f:id:gakuseitrip:20190711104128j:plain

ブルネイの海 ここでイルカを見ました♪

~以下、基本情報(地球の歩き方より)~

首都:バンダルスリブガワン            

面積:三重県と同じくらい

人口:42.3万人(2016年)            

元首:Hassanil Bolkiah国王(スルタン)

言語:英語、マレーシア語(中国語を話す人も多い)

宗教:国教はイスラム教。キリスト教徒もいる。

 

「ス・ル・タ・ン」ってどこかで聞いたことありません?

世界史なんかで出てくる、アレですよ。アレ!

「イスラム教のトップ!👑」

習ったときはただの歴史上の言葉でしかなかったんですが、世界に出てみると、まだそれが死語じゃないことがわかるんですよね~。

おもしろいっ!(((o(*゚▽゚*)o)))こうやって勉強したら、知識も楽しく入りますよね。

 

英語教員を目指す者として、

このような知識をふんだんに混ぜ込んだ教え方は理想であり、

私にとって今はその準備段階です。(急に真面目(笑))

この記事を読んでくれた方々が、

 

🌸「私も英語を勉強してこんな風に旅をしてみたい!」🌸

と、より現実的に感じてくれることを目指します😊

 

話が逸れましたね🙇💦

ブルネイの言語は英語とマレーシア語と記述しましたが、おもしろーい😀特徴があるので後程ご紹介します♪(楽しみ♪楽しみ♪)

では次はいよいよ「私とブルネイの運命的な出会い」がテーマの記事です★

See you soon!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


visited 14 states (6.22%)
Buy Douwe's Machine Learning Book