刺激が欲しい!じゃあ海外行ってみよ!

平凡な大学生生活に飽き飽き。でも経済的に留学はできない。そんな私の海外リフレッシュ旅日記!!

「幼虫 生 食す」

こんにちは。本日のタイトル、衝撃的ですよね( ´艸`)ウフフ

グロい書き方はしていません。そんなことしたら誰も読んでくれないし。私だって読みたくないもの。(*´▽`*)/

※写真はショックの少ないものを選びました。生の幼虫の写真はありません。

気持ちの用意はいいですか?

では始めていきましょう!

みなさんは、

「人生の中で、やりたくないけどやっておきたいこと」

ってありますか?😀

私の場合、

・バンジーもしくはスカイダイビング

・蛇を食す

・幼虫を食す

でした。

カエルは既に頂きました。ホタテでした笑

全ては、私が一番大好きなテレビ番組、イッテQの(悪)影響のような気もしますが、、、

(もし、これらに挑戦する機会があったら挑戦してみよう!イモトさんはやってるんだから!)

(イモトさんを大尊敬する私)と、心の準備はしていたのです。

その機会が、ブルネイ留学中に来てしまった!!

1か月の予定の中に

「サゴファクトリー見学」という文字がありました。

一見、ただの、「サゴ工場見学」ですね。

でもそれは表向きの名前に過ぎなかった、、、

真の目的は別に用意されていたのです!!ヒエェェェ

サゴ工場を見学する日の前日、私たちは日頃一緒に行動してくれる現地の友達に

「明日君たちは幼虫を食べるよ!」と笑顔で言われました。

えぇええぇぇえぇぇ!?一同ざわざわ、、、

やってみたかったことではあるけども!!できるのか私!ついにやっちゃうのか!?

その時が来るまで、自分がどうなるのかわかりませんでした、、、

とりあえず、家族LINEにそれを報告。

「私、明日幼虫食べることになりそうだわ。」

すると、衝撃の返信が!!

「さっきテレビでクレイジージャーニー見てたら”マレーシアでサゴ虫を食す”やってたよ💦(母)」

「クリーミーでおいしいって😀ぜひchallenge!!(おじ)

そうそうそれそれ!なんちゅうタイミングっ!👀

おじさぁ~ん💛朗報ありがと!!おいしいのね?(*´▽`*)/ワーイ

 

~当日~

 

ほかのみんなもこれは「やりたくないけどやっておきたいことリスト」

に入っていたようで「いやだなぁぁぁ!やりたくないよ~」とか言いながら、抵抗するすべもなく、バスでサゴ工場に運ばれてゆきました(笑)

到着したら、工場長(?)が待っていてくれました。

そばには直径50cmくらいの太い木。

「まずは、この木に住むカブトムシを紹介するね。触ってみたい人?」と、日本のものよりも小柄でスリムな、たしかキラキラしたカブトムシを見せてくれました。

そこで私、気づけば一歩前へ。

おじさんに向けて、

「ありがたく頂戴いたします。」のポーズをとっていました。

ノリ「最年少頑張りまーす!」と受け取ってしまった)

ただ1つ計算ミスがありました。

それに、カブトムシを受け取った瞬間に気づいたのです、、、

あっ、、、!!私、カブトムシの足の感触が大の苦手だったっ!!

ゾゾゾッと鳥肌が立ちました。目をぎゅっとつぶりました。

イモトさんのように、嫌いなものはそのままの勢いで「ギャアァァァァ!イヤッ!(ぶんっ!)」と遠くに飛ばしたくなりましたが

(みんなの前で取り乱した姿は見せたくない!!)

という気持ちが勝ちました。そっと、カブトムシをお返しして、心の中でガッツポーズ!

Winner~!! いぇーい(*´▽`*)/やりきった!

 お次はいよいよ、サゴの幼虫を見せてくれるよう。

サゴの木を、男の人たちが斧で割ってくれました。

f:id:gakuseitrip:20190715003042j:plain

こちらがサゴの木。

パカッと割ると、中に奴らがどっさりいました、、、

(そうか、、、こいつらカブトムシの幼虫か、、、)

おじさんたち、それを丁寧に手で拾ってタッパーに入れてくれます。

(いいよ、いいよ、、、そんなに私たちのことおもてなししてくれなくていいんだよぉぉぉぉぉ!!!( ノД`)ヤメテェェェェェ)

 準備完了。おがくず入りタッパーの中でうにょうにょ動いています、、、

空気的に男の子たちからいくことに。

最初から乗り気だった男の子、おがくずをパッパッと払って、抵抗なく生でいきました!(オォォォォォ!すごい👏)食べた後は(`・ω・´)bの顔

 

二人目の男の子、半ば周りに流されるような形で食べることに。今度は工場長、幼虫を洗ってくれました!(優しい!)

最初の男の子「そんなサービスあったの?!Σ(・ω・ノ)ノ!」とびっくり。

食べた後は同じく(`・ω・´)bの顔。自然と出るようです(笑)

 

三人目からは女の子が食べることに。ここにきてさらに新たなサービスがでました🎉

なんと、工場長、頭を切ってくれたのです!(これ重要。)女子には優しいようです。

私はといえば、まだ決心がつかず。

決心がつかない人用に、おばちゃんたちが幼虫の炒め物を作ってくれることに♪

これが実は、普通においしかったのです!!

f:id:gakuseitrip:20190715003412j:plain

閲覧注意!サゴの幼虫の炒め物。

程よい塩味。まるで安めのやわらかいウインナーを炒めたおつまみかのよう。

マヒした私たち、「おいしいおいしい」とバクバク食べました。

ヤベェェェェェ

この勢いで生にも挑戦することに。(やらずに帰ったりしたら確実に後悔する!)

友達と同時に「せーの!」で食べました。

 

味の感想:特になし。

 

残念ながら特に覚えていないんですよね。

ただ、その時の動画を見てみると、ほかのみんなと同じように(`・ω・´)bグーの顔になっていたので、まずかったわけではないんだと思います(笑)

 

ちなみにブルネイのみなさんも、日常的に食べているわけではないようで、彼らもチャレンジ!的な感じで盛り上がりながら食べていました。(なんだ、日常食じゃないんだ。)

サゴ工場の説明がまだでしたね!

f:id:gakuseitrip:20190715003228j:plain

サゴ工場内部。サゴの木加工中~

この工場、もちろんカブトムシの幼虫を育てているわけでなく、サゴの木から取ったでんぷんを粉にする加工を行っています。その粉に水を加えて練ると、ほとんど味のない「澱粉のり」のようになり、それを箸で巻き取って、たれにつけて食べます。ブルネイの伝統的な食べ物なのですが、残念ながら日本人の口には合いませんでした💦

 

食後。

帰りのバスから、腹痛に襲われ、夜ご飯は食べられず。おとなしく寝ることにしました。

おやすみなさい、、、💤

 

 

 


visited 14 states (6.22%)
Buy Douwe's Machine Learning Book