刺激が欲しい!じゃあ海外行ってみよ!

平凡な大学生生活に飽き飽き。でも経済的に留学はできない。そんな私の海外リフレッシュ旅日記!!

ブルネイに着いて早々サプライズプレゼントが!

いよいよブルネイへ!

今回の6時間のフライトは昼間だったので、非常に長く感じました💦

 

いざブルネイへ近づくと、ワクワク✨

 

2年前何気なく参加した語学研修先がたまたまブルネイで、

それに参加しなかったら一生知ることのない国だったかもしれないのに、

今ではそんな国のおかげで人生が変わりました。

まさに私のアナザースカイです!

もしあの番組に出ることになったら、確実にブルネイを選びますね。

声かからないかな〜。

その時は全力でブルネイをPRしますのでみなさん見てください!(笑)

今回は、私のアナザースカイに家族を連れていける💛

うれしい限りです♡

案内にそって空港の中を進んでいくと、、、

あれま。

f:id:gakuseitrip:20190809004047j:plain

入国審査のところ

空港内なのに、水たまりが!!👀

ヒドイ雨でも降ったんでしょうかね~

なかなか見られない光景です👀

サンダルで来てよかった!風通し抜群のマイスニーカー履いてきていたら見事に浸水してましたわ。

水たまりの中、入国審査の順番を待ちます。

そして、入国審査を担当してくれた女性から待望の質問が😎

「ブルネイに来るのは、初めてですか?」

「ちがいますちがいます!四回目ですっ!!!!前回はたった4か月前なんです!!😻」

お姉さん、ちょっと驚いてから

Welcome back!(おかえり)」って言ってくれました。

心温まるお言葉!( ;∀;)

無事に荷物を受け取って、税関申告書を記入するスペースへ。

何を申告したのかというと、お酒です。

ただし、自分用ではなく、現地の友達にあげる用。(私は全くお酒は飲みません。)

 

ブルネイって、基本的に飲酒をする文化が無いんです。

国法がイスラム法だからかもしれませんが、スーパーでもお酒は売られていません。公共の場所でお酒を飲むのも禁止。

イスラム教徒以外の人がお酒を手に入れるには、マレーシアまで行って、買うらしいですよ。

お酒がないから、基本的には飲酒運転もない(飲酒運転を取り締まる法もない)らしいですね。

飲酒運転がないのはとても好感度が高い✨

ちなみに、事件とかもあまりなく、殺人事件も年一回あるかないかだとか。

ブルネイは治安も良い素敵な国なんですよ😊

 

今回私がお酒をあげる友達は、日本に留学経験のある非ムスリムの女友達たち。彼女たちは、お酒が大好きなので、日本から懐かしのチューハイとおつまみを持って行きました😀

 

申告書に必要事項を記入して係員へ。なんの問題もなく通過させてもらいました~

今回は(というか毎回)現地の友達にお迎えを頼んであります。

ブルネイの空港は市内から車で5分くらいですし、公共交通機関が発達していなくて、大学生もみんな車乗り回している感じなので「今回もよろしく〜!」って送迎を頼みやすいんです❤️

そのかわり日本からのお土産を大量に持っていきます。

 

今回空港に来てくれる友達は3人。その3人の笑顔を想像しながら、到着ロビーに出ました。

(早く会いたい!早く会いたい!)

ちょっとキョロキョロ。

すると、こちらに向かって手を振る人が。

だれだぁ〜〜?

顔を認識してびっくり!来るはずじゃなかった子が来てくれてました!😻

しかも、もともと来てくれる予定だった子たちに加えて4人も!到着時間を言っていなかった子までいて本当にびっくり!!

私にとってはこれ以上ないくらいのサプライズプレゼントです。

うわぁぁぁぁ!みんなぁぁぁぁ!ありがとぉぉぉぉぉぉっ!!\(*'▽')/

と、いとこを放ったらかしにして、カートを押しながらダッシュしてしまいました。

こういうとこがほんと好き!

「待ってるからね〜〜」とは言わないんですよ。

みんな、いつも内緒でプランを立てて、驚かせて、喜ばせてくれる。

見習いたいですね〜〜

 

私が訪問した時は、ブルネイの王様の誕生日シーズン(生まれた日ではなく、誕生日に近い期間)ということで、何やら”perayaan”というお祭り(?)が開かれているとか。

ブルネイのそのようなお祭りに参加できるのは、たぶん初めて。ホテルに荷物を置いたら連れて行ってもらうことになりました。

 

続きはまた次回♪

 


visited 14 states (6.22%)
Buy Douwe's Machine Learning Book