刺激が欲しい!じゃあ海外行ってみよ!

平凡な大学生生活に飽き飽き。でも経済的に留学はできない。そんな私の海外リフレッシュ旅日記!!

カッパドキアでラッキー!現地ツアー大幅ディスカウント!

さぁ、ここからが、現地ツアーを申し込む際の、㊙お得 テクニック!!

以前読んだことがあった本。
タイトルは忘れてしまったのですが、たしか海外旅行の節約テクニックのような内容だったと思います。
そちらに、今回私が経験したような、現地ツアーをお得に利用する方法が書いてありました!

日本から、日本の会社を経由して現地の旅行会社が催行しているツアーに申し込むと、いろいろな手数料が上乗せされた料金になるらしいんですよね。


しかし!

現地で申し込むとそのような料金はカット。


しかも!

最初に申し込んだ人のツアーについでに混ぜてもらう形になり、共同で使うようなものの料金は、最初に申し込んで料金を払っていた人たちの負担になるそう。
要するにドライバー代とかですね♡

カッパドキアで、大学生の男の子たちと一緒にお世話されることになった私たち。どうせ、観光で行く場所は同じでした。
そこで、その子たちと同じツアーで行動することに。

ツアー会社の方、大学生の男の子グループに聞こえないようにこっそり


「最初に申し込んだあの方たちのほうが高い値段だから、お金の話はしないでね、、、😉半額くらいだから。」と。


私が読んだ本の方は、同じツアーで一緒に行動していた方々に申し込んだときの値段を聞いて、比較ができたそうです。
私の場合は、その男の子たちに直接聞けたわけではなかったので、本当のところはどうなのかわかりませんが、たしかに納得のいく説明ですよね。

私たちがそのようなスタイルで申し込んだ二日目のプランはこんな感じ。

 

ギョレメ野外博物館

地下迷宮

焼き物工房
キノコ岩・妖精の煙突
絨毯屋

 

盛りだくさん♪

書面でやり取りした訳では無いので値段は忘れてしまいましたが、確か、1万円くらいだったような🤔

二日目のプランを決めた後、今日の(着いた日の午後)予定を提案してもらいました。

「まずは、ハートバレー(「ハートの谷」の意味)に行こう!サービスだよ!お昼を食べたら、荷物をホテルにおいて今度はバギーでカッパドキアの景色を見に行こう!」

イスタンブールまで13時間のフライト、そしてイスタンブールからカッパドキアまで1時間半のフライトの後でしたが、元気はありあまってました。

もちろん参加即決でした!

サービスでハートバレーに連れて行ってくれるなんて、なんていい人たちなんでしょう!

 

いざ、車で揺られて、ハートバレーへ!

 

そこで撮った写真がこちら↓

f:id:gakuseitrip:20190830075853j:image

わぁ!妖精の煙突だ!

高台から見下ろすカッパドキアの景色!

こんなに遥か彼方まで不思議な形をした岩が並んでいるなんて!晴れてたらもっと綺麗だったんだろうな!

 

雪が降る中、手がかじかみながら見つめてしまいました。
f:id:gakuseitrip:20190830075849j:image

こちらが有名なハートのオブジェ!

 

f:id:gakuseitrip:20190830075240j:image

映え~!

テンション上がりました。

 

写真を撮ろうと座ると、近くの建物から出てきた人が勝手に私の写真を撮ろうと、にこやかにカメラを構えました。(あ!これは経験したことあるぞ!)

「必要ありません。自分のカメラがありますから。」とお断り。

その後様子を見ていると、やはり、勝手に撮った写真を勝手に印刷し、(画質は良くない)、本人のところに持って行って売っていました。

購入している外国の方もいたので、やめられない商売ですね。

 

残念ながら、ハートバレーのモニュメントを含む複数のモニュメントは、無許可だったとして、私たちが言ってすぐあとにそう撤去されたそうです。

(あぁ、あの時に行ってよかった、、、)

 

ハートバレーの後は、こんな所にも連れて行ってもらいました!

(変なフィルターのまま撮影してしまった)

f:id:gakuseitrip:20190830080935j:image

モスクです。

一応国民の7割がイスラム教の国、トルコ。

イスラム教徒が多い国でよく耳にする、アザーン(お祈りの時間を告げる声)も流れていました。

私は、1ヶ月のブルネイ滞在で毎日聞いていたので、これを聞くと嬉しくなります笑

 

今回はここまで!次回はホテルのご紹介です!

 

 


visited 14 states (6.22%)
Buy Douwe's Machine Learning Book